誰でも行ける手軽な撮影場所。「大滝」を写真と動画で紹介。 #八幡平市 #大滝 #滝の風景 #癒し

最終更新: 1月6日

 河川と水が豊富な八幡平市には数多くの名滝があります。その滝のどれもこれもが絶景なのですが、途中までは車で行けたとしても、どうしても山の奥へと徒歩で進まなければたどり着けないような場所がほとんどです。これでは旅行にいらした際に、それ相応の装備を持って来なければならなくなってしまい、荷物が増えてしまいます。しかしこの大滝(おおたき)は、誰でも行ける道路沿いにある手軽な滝としても有名で、落差的には2~3m程度ではありますが間近まで降りられるのでそれなりの迫力はあります。今回は動画も撮影してきましたのでそちらもこのブログに掲載させて頂きます。




滝つぼへ降りる時には注意


 道路から滝つぼへ降りる際の注意ですが、高さはさほどでもありませんが、護岸工事などがされているわけではないので、どうしても土や石が崩れて滑って落ちる危険性があります。下は岩がゴツゴツとしている場所ですので、落下してしまうと体を殴打してしまい思いがけない事故につながってしまうこともありますので、足元に充分注意して降りるようにして下さい。


 実は今回動画を撮影しながら下へと降りて行きましたが、気をつけていたつもりではありましたが画面を見ながら足場を確認してというように交互に行いながら降りてしまった為に、足場が崩れてしまい危なく転倒、落下してしまうところでした。その為掲載した動画の途中から突然カメラの映像が乱れるところがありますが、今回初めてスマートフォン用の3軸ジンバルを使用して撮影しておりましたので、スマートフォンを手持ちで撮影するよりはいくらか良いと思いますが、その辺をご了承下さい。


今回撮影で使用させて頂いたコスパに優れた3軸ジンバルはこちらです。





岩場に付着したコケが時の経過を感じさせてくれる


 水辺の写真を撮影しに行くといつもと言って良いほど、岩場や石に付着したコケがとても良いアクセントだと感じます。コケには樹木や植物とは異なり、根というものがないと言われています。その為、根元から水分を吸収して成長するということではなく、周囲の湿気をコケ本体部で吸収して成長しています。


 決して成長が早いわけではないコケが岩場に大量に付着しているということは、幾年月もの長い時を費やして自然の美を作り出してきたということを考えた時、そのコケも絶景を作り出す為のひとつの造形美なのだろうと思います。






水の音色は人に癒しを与えてくれる


人間は母親の胎内にいる時から「水」と共存している生き物だと言えます。また、生きて行く為にどうしても必要とされるのもまた水です。人間は自然の恩恵として水を授かり、飲料水、生活水、農業用水など、様々な形で利用させて頂いています。この水は人間にとってひとつの癒しの作用があるとも言われており、水の流れる様や水の流れる音色、水が落ちて発生した気泡がはじける際に生じると言われるマイナスイオンが、現代のストレス性社会で疲れ切った身も心もきっと、中和してくれるのかもしれません。


山と山に挟まれている場所には必ず「谷」が形成されます。この山々に降り続いた雨水や雪解け水が地面に吸収され、長い年月をかけて濾過され、地下水となり、それが岩場の隙間などから谷へ流れ出てきます。こうして「川」ができあがり、やがて海へと注いで行きます。


川は水生昆虫や陸生昆虫、ヤマメやイワナなどの渓流魚、植物などなど、様々な生命を育んでくれています。その生命もまた、私たち人間が生きる上で欠かせない存在となっていることに感謝をしてみるのも良いかもしれません。




水の豊富な町「八幡平市」をご覧下さい


 八幡平市には様々な場所で悠々と湧き出している湧水群や、車で道路を走っていると数多くの小渓流、本流が顔をのぞかせてくれます。それだけ水が豊富な土地で、昔から様々な分野において利用されてきました。今現在では湧水を使用して作られた地ビールや、湧水を飲食店の料理などに利用されているお店などもあります。美味しい水は美味しい料理を作る時に必要不可欠なものだと言えます。ぜひ八幡平市に足を運ばれた際には、美味しい水が造り出してくれる様々なものを堪能してみて下さい。水でここまで変わるのかときっと驚かされるでしょう。

product : 釣~る・ド・ライブはちまんたい