JR東日本のCM撮影地にもなった神々の力の宿る地「不動の滝」へ。 #八幡平市 #不動の滝 #JR東日本 #縁結びの木 #不動明王 #瀬織津姫

最終更新: 1月6日

 数年前に女優の松岡茉優さんを起用したJR東日本のテレビコマーシャル、行くぜ東北シリーズの撮影地にもなった八幡平市安代(あしろ)にある桜松神社へ出向いてみました。コマーシャルの中で松岡さんは「あっ、縁結びの木だって。」というセリフとともに、男性と向かい合ったシーンに赤い橋が写っていました。この赤い橋は神社の奥へと進んで行くと、最奥の場所にかかる橋で、その橋から目の前を見ると、すぐ間近に猛々しい力強さと、それでいてなぜか繊細な純白の白糸のような美しい滝を見ることができます。それが桜松神社にある日本の名滝「不動の滝」になります。




不動明王と瀬織津姫を祀った神社


 不動の滝には伝説が残されており、ある老夫婦が水を汲むために滝を訪れた際、おじいさんは滝の力強い流れに不動明王の姿を重ね合わせ、おばあさんがふと見ると、一本の松の木に桜の花が咲いていたのを目撃し、不思議に思って滝つぼを覗いてみると美しい女性が髪をといていたということでした。


 神社敷地内にはいたるところに賽銭箱や龍神が祀ってある祠があり、滝の本体まで行くと、不動明王を祀っているとされる不動尊が山の岩盤に食い込むように建っています。





金運を招くと言われている


 不動の滝は八幡平市内の中でも有名なパワースポットと言われており、健康や金運招来に強い力を授けてくれると言われています。中には、滝が流れ落ちた水が渓流をなしている場所でお金を水で洗うことで金運を授かろうとする方もいらっしゃるようで、近年では時代を反映するかのように、クレジットカードや銀行のキャッシュカード、スイカなどの電子マネーカードなどを水で洗う方もいるというお話しを聞いたことがあります。


 健康と金運は、双方がきちんと備わっていて成り立つものだと思います。何か行動を起こす時、仕事をする時など、必ず健康な体があってこそできることです。ぜひ市内観光の際には不動の滝で、大きな加護を授かってみてはいかがでしょうか。



国道沿いにある巨大な鳥居が目印



 桜松神社の入り口になっているのが、八幡平市と秋田県鹿角市を結ぶ国道282号線沿いにある巨大な赤鳥居がめじるしとなっているので、比較的わかりやすいと思います。この赤鳥居を車でくぐって、そこから約10分前後走ってもらうと、桜松神社本体が見えてきます。その桜松神社の駐車場に車を停車してもらって、徒歩で神社の敷地を奥へと進んでもらうと、石の鳥居をくぐり、屋根付きの門をくぐってすぐの場所辺りに、二本の大木の上下がくっついている縁結びの木があります。その縁結びの木を過ぎてしばらく歩いて行くと、道が二股に分かれており、上へ行くと不動明王を祀っている不動尊が、下へ降りてもらうと不動の滝の前の赤い橋にたどり着きます。八幡平市へ来られた際にはぜひこの不動の滝へ足を運んでみて下さい。


2回の閲覧0件のコメント